個性心理学セッション Q&A Vo.1

Q. 人生は自分で切り開くものだと思っています。
なので個性心理学とか占いとかには頼りません。私には不要だと思います。

A. 私も同じ考えなので、共感します。^^
占いや統計学の類は「あくまで参考にするもの」「気軽に楽しむもの」という風に捉えています。
(今は、個性心理学は「人生において、参考材料がほしくなった時に活用できるもの」と思っています。)
どんな時でも自己意志、自己選択が大切ですね。その参考になりそうと思われましたらご活用くださいね。

◆◆◆◆◆◆

Q. 以前、他のセッションで嫌な思いをしたことがあるのですが、
こちらはどういうスタンスでのセッションですか?

A.
「決めつけ」「押しつけ」
「不安を煽る伝え方」
この3つは決してしない。

というのがポリシーです。

私たちカウンセラーのアドバイスはあくまで「きっかけ」と「選択肢の提案」であり、
「絶対にこうしなければいけない」ということは一つもありません。

「未来は自分で変えられる」

(というか、自分にしか変えられない)

「私たち人間には、その力が備わっている」

という信念のもと、セッションをしています。

◆◆◆◆◆◆

Q. 他にもいろいろな個性心理学のセッションがあると思いますが、
こちらの特色はなんですか?

A. アドラー心理学でいう「勇気づけ」の考え方を大切にしています。

癒しがほしい時には癒しを、勇気がほしい時には勇気を。

心に迷いがあるとき。本当は自分の中で答えが出ているのに、
一歩が踏み出せないとき。

「背中を押してほしい!」と思っている方の背中を、
いろいろなアプローチで
論理的に、押すことのできるセッションを目指しています。

◆◆◆◆◆◆

Q. 具体的に、どういったアドバイスがもらえるのですか?

A. 持って生まれた気質や特性、
活かし方、バイオリズム、適職はもちろんのこと、

ご希望の方には、
おひとりおひとりの「真の願い」「経験したい現在とこの先」に焦点を当て
方向性を定め、主体的に歩んでいく方のサポートをしています。

(そのためヒアリングを重視し、
徹底体な《吐き出し用ブラックノート》を作ることをオススメしてます。)

個性心理学的&アドラー心理学的観点から
おひとりおひとり活かすべきポイント & 隠れている才能と気質を見極め、そこをお伝えしたり


「何がネックになっているのか」「どんな思い込みがあるのか」
そういったことをお伝えすることもあります。

また、「どんなことを聞いたらいいかわからない」という方向けに
セッション前日までに、『よくある質問集』もお渡しします。

◆◆◆◆◆◆

その他の質問はこちらまで、お気軽にどうぞ^^

公式LINE@
FACEBOOKページ

関連記事

  1. 4/18(土)のオンラインイングリッシュクラブ開催に向けて

  2. 個性心理学について Vol.2

  3. 4月全イベント開催中止のお知らせ

  4. 個性心理学、ご存知ですか?

  5. 英語をマスターする上で追い風となるもの